当社の技術が生み出す製品は、あなたの身近にあります。

私たちの生活には様々な糸で織られたカーテンや壁材、服等の布にまつわる製品があります。
肌触りがよくシワになりにくい布や、工業用製品としてタイヤや電子基盤に使用される糸など、当社のスピンドルやノズルは糸の進化に合わせて進化してきました。1868年の創業以来、市場のニーズに応えるための新製品開発、そして既存製品のカスタマイズにも常に取り組んでいます。半世紀以上前から行っているベアリング等の自動車部品加工も加工技術を用いた進化の一つです。
現在ではISO9001、14001の取得により高品質で環境に配慮した製品開発を進めるとともに、OHSAS18001も取得。労働安全という新たな視点をも満たす生産環境も整えています。

 

品質を“見える化”する新商品を開発。

2018年に創業150周年を迎え、新たな事業づくりに取り組んでいます。企画開発プロジェクトチームを立ち上げ、技術部と連携して新商品を生み出しています。既にプロジェクトは具体化し、「品質の見える化」に取り組んでいます。
新商品は、レーザーによるキズの検査技術と、センサーによる精密な制御を行う技術を活かしたものです。これらを使用することで、例えば、従来、傷の有無だけに対応していた品質のチェックを「1ミクロンの傷がある」というように数値化できます。色々な金属加工部品に対応できる検査装置の開発には、大きなチャンスが秘められています。
既に商品化された商品も複数あります。当社の成長はこれからです。

自ら成長し、仕事にプライドを持って取り組める環境があります。

当社では、新入社員研修をはじめとする集合研修はもちろん、各部署や個人に必要な外部研修を用意しています。また、技能検定の受検や各種の勉強会を推進したりと社員の「成長したい」気持ちを全力で応援しています。さらに、プロジェクトチームで仕事をすることで経営センスを磨く機会も設けているため、人材も事業も飛躍的に成長できることが実感できます。そのため、若手社員が実力に応じて活躍しています。一人一人が良いところを発揮し、自らの成長を感じながら働ける会社づくりが当社の特徴です。

会社情報へ

阿波スピンドル公式チャンネル